top of page

木質系バイオマス燃料の紹介

更新日:5月15日

PKS(パーム椰子殻)

PKSは、パーム油の製造過程で発生する

椰子の殻を原料としたバイオマス燃料です。

パーム椰子殻は、大量に生産される副産物であり、その利用は地域の経済にも 貢献します。

PKSは高い熱効率を持ち、コスト効率の 良いエネルギー源として利用されます。





ウッドペレット


ウッドペレットは、木材を粉砕し、 圧縮成形したものであり、 木質系バイオマスの一形態です。 一定の規格に適合した均一な形状を持ち、燃焼効率が高く、取り扱いや運搬の

容易さが特徴的です。 ウッドペレットは、家庭用暖房や産業用 ボイラーなど、さまざまな用途で利用 されています。



以上が、木質系バイオマスの代表的な燃料であるPKSとウッドペレットの紹介でした。

これらのバイオマス燃料は、環境への配慮や再生可能性を考慮したエネルギー源として、

さまざまな業種で注目されています。PKSやウッドペレットを利用することで、 環境への負荷を低減しながら、持続可能なエネルギー供給を実現することができます。



バイオマスの種類

バイオマスはさまざまな形態で存在します。代表的なものには ・木質バイオマス ・農作物由来のバイオマス ・動物由来のバイオマス などがあります。

今回は、特に木質系のバイオマスに焦点を当ててご紹介いたします。


木質系バイオマスを活用するメリット

木質系バイオマスは、その再生可能性と環境への配慮から注目されています。

その主なメリットは以下の通りです。


① 再生可能性

木質系バイオマスは、植物由来の素材を利用するため、枯渇することなく常に再生可能な資源です。

② 温室効果ガスの削減

木質系バイオマスを利用することで、化石燃料に比べて二酸化炭素の排出量を削減できます。

③ 廃棄物の有効利用

木質系バイオマスは、木くずや枝などの副産物を有効に利用することができ、廃棄物の削減にも貢献します。


弊社では、冒頭にご紹介したPKSとウッドペレットの取り扱いをしております。 ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

閲覧数:21回

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page